【CHECK!】

2013年10月06日

活気づく「自転車市場」--健康意識の高まりで愛好者増

1: ライトスタッフ◎φ ★:2013/10/05(土) 17:44:34.47 ID:

自転車市場が活気づいている。京都市内を中心に、関連イベントの開催や地元専門店の
出店に加え、チェーン店の進出が加速している。小売り最大手のイオングループは来春、
スタッフを養成する専門学校を開校する予定で、競争が一段と激しさを増しそうだ。

京都高島屋(下京区)は昨年から、スポーツ売り場で自転車用のウエアを販売したところ、
反響が大きかった。そこで、催しているイタリアの物産展に合わせ、初の展示即売会
「サイクリングスタイル」を7日まで開いている。

即売会は市内に4店舗を持つ専門店「きゅうべえ」(伏見区)が協力し、会場には
「ビアンキ」などイタリアの6ブランドのほか、小物類も並ぶ。

高島屋の担当者は「環境や健康への意識の高まりを受け、性別や年齢を問わず自転車人口が
増えている。おしゃれで安全に楽しめる文化として発信したい」と強調。きゅうべえの
担当者は「まちの自転車屋が減る一方でチェーン店が増えた。最近はスポーツタイプの
専門店も増加傾向」と説明する。

イオンは昨秋、自転車店運営の孫会社イオンバイクを設立、市場の開拓に乗り出している。
同名の専門店約220店をイオングループとして展開し、既に京都に6店舗、滋賀に1店舗
を構えた。

イオンバイクは金沢市に来年4月、一学年40人の専門学校を産学協同で開校する。
自転車イベントの企画などもできる店頭スタッフを育成する学校で、イオンは「自転車は
酒やカジュアル衣料などと並ぶ有望な市場の一つ。専門性を高め、グループでの売り上げを
伸ばしたい」(広報部)としている。

●イタリアのブランド自転車が並ぶ展示即売会
http://kininarunewslab.up.seesaa.net/a1e35989.jpg

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20131005000035
2: 名刺は切らしておりまして:2013/10/05(土) 17:46:38.32 ID:

どうせ買うならイオンなんかで買わずそれなりの値段のものを
買った方がいいよ
続きを読む
posted by newsreport at 17:44 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

ブラック企業の見分け方 〜死なないための〜【ブラック企業】の見分け方

◇ブラック企業の見分け方 〜死なないための〜【ブラック企業】の見分け方

一生懸命に努力して勉強し、いい学校に入り、いい会社に就職すれば、立派な社会人になることができ、幸せな家庭と幸せな人生が送れると、僕たちは教えられてきました。


「ブラック企業」はそこにつけ込みます。甘い言葉で巧みに組織に誘い込んできます。一度入社してしまえば態度を豹変させ、今度は自分たちの利益のためだけに限界を超えて働かせ続け、使い物にならなくなったら、まるで物を扱うように、情け容赦なく捨てていきます。


また、辞めさせる場合は、合法的に辞めさせるため、組織的、計画的に、いじめぬきます。


その中で、数多くの人が、体を壊し、心を壊し、社会生活をダメにし、最悪の場合、過労死や自殺に追い込まれます。


実際に今、日本の各地で起きていることです。


これらの人々は、せっかく就職した会社がたまたまブラック企業だったことで、人生が台無しにされてしまったのです。


万が一運悪くブラック企業に就職してしまうと、そこにあるのは最悪「死の世界」。





それを回避するための方法はただ一つ。


【ブラック企業を見分ける方法】を知ること。


これしかありません。


このレポートには、そんな、「死なないための緊急情報」が書かれています。


 無料レポート
 「ブラック企業の見分け方 〜死なないための〜【ブラック企業】の見分け方」

http://www.sugowaza.jp/r/Mm9yX2VFcg==.html
posted by newsreport at 17:11 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

「喫煙者は採用しない」企業広がる 製薬会社に書店、靴店

1: のーみそとろとろφ ★:2013/05/04(土) 10:23:27.94 ID:

社員を新規採用する際に、「喫煙しないこと」を条件にする会社が増えている。


2003年5月に施行された健康増進法で公共施設やレストランなどで受動喫煙の防止措置が求められ、
分煙が進展。最近では全面禁煙の場所が増えたり、就業時間中の禁煙を進めたりする動きが広がっている。
それを「もう一歩進めよう」というのだ。
「社員の健康増進」「業務効率の低下防止」が目的
旅館やホテルを運営する星野リゾートが、採用情報サイトのトップページに「あなたはタバコを吸いますか?」と問いかけて、
話題になったのが2010年。「NO」を選ぶと「ようこそ!」と歓迎のメッセージが現れるが、
「YES」を選ぶと、たばこを断つことを誓約することができると答えない限り、募集要領のページには進めない。
富山県を中心に「明文堂書店」を展開する明文堂プランナーは2011年から、
同じ手法で新卒・中途採用の募集を行っている。2013年4月6日には採用情報を更新。
14年春の新卒採用でも、喫煙者は採用しない方針だ。面接時に、必ず喫煙の有無を確認するという。
「喫煙しない」ことを採用の条件とする会社はここ数年増えている。
製薬会社のファイザーやスポーツクラブのセントラルスポーツ、ソフトウェアのAcroquest Technology、
半導体機器製造などのエムテック マツムラ、モバイル広告代理店のライブレボリューション、
北陸3県を中心に30か店の靴チェーンを展開するワシントン靴店(富山市)なども喫煙の有無を採用時に確認している。
会社が「たばこを吸わない人」を求める理由は、大きく3つ。
一つは「作業効率」喫煙者は血液中のニコチン含有量の多少によって集中力が低下する例が少なくない。
また、喫煙する社員がより頻繁に休憩をとることから生じる社員の不公平感がある。
たばこの臭いでお客などを不快にさせることや、「喫煙スペース」を設けることで施設の運用効率が悪くなることもマイナス点だ。
もちろん、社員の健康への影響(職場環境)もある。
企業イメージを損なうことにも…
2011年6月から「喫煙者ZERO宣言」、就業時間中の禁煙を就業規則に追加した製薬会社のファイザーも、
採用時に喫煙の有無を確認する企業の一つ。同社は、「基本的に、入社するまでに禁煙することを強く求めています」と話す。
また、現在勤務している社員については禁煙治療の費用を全額補助し、支援。
社内の「喫煙者ゼロ」を目指している。
同社は禁煙補助薬を取り扱っているうえ、禁煙サイトの「すぐ禁煙.JP」で「職場の禁煙対策」を勧めている。

またスポーツクラブなど、健康増進をうたっている会社の社員が、
スパスパとたばこを吸っていては説得力に欠けるし、イメージもよくない。
他社との競争や企業イメージのうえでも、「喫煙しない」人材が求められているわけだ。
日本たばこ産業(JT)の「全国たばこ喫煙者率調査」によると、
2012年の男女をあわせた喫煙者率は前年比で0.6ポイント低下して21.1%となり、
17年連続で過去最低を更新。たばこを吸う人は、もはや「少数派」だ。
会社での喫煙者の居場所は、いよいよ狭くなっている。
http://www.j-cast.com/2013/05/04173701.html
5: 名刺は切らしておりまして:2013/05/04(土) 10:32:40.17 ID:

宅配業者も頼むわ。委託ふくめて。
届いた荷物のダンボールが臭くてたまらんち。
玄関先でも配達員の悪臭が酷い。
続きを読む
posted by newsreport at 09:21 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。