【CHECK!】

2013年05月01日

拡大するネット通販を取り込んだヤマト運輸「その日に配送」

1: @@@ハリケーン@@@φ ★:2013/04/28(日) 18:16:01.18 ID:

「『注文したその日のうちに届ける』なんて、オーバースペックだよ。利用者は現状に満足
しているから必要ない」

 ヤマト運輸法人営業部係長であり、「BtoC EC Account Executive」という外資系企業の
ような肩書を有する滝澤志匡氏が、営業先の通信販売事業者から同じ言葉で断わられ続けた
のは2009年秋。ほんの3年半前のことだった(BtoC ECとは消費者向けネット通販の意)。

 ところが今、「当日お届け」はネット通販でもテレビ通販でも当たり前のサービスになってきた。
「オーバースペック」と思われていたことが一般化し、生活者のライフスタイルまで変わり
つつある。

 それを具現化させたのは、ヤマトが開発し提供する「TSS(Today Shopping Service)」
だ。消費者がネットから注文を入れると、エリアによっては最短4時間で商品を届けられる。

 理由のひとつは「商品は最初からヤマトの倉庫にある」からである。ヤマトの物流ター
ミナル内にある最新自動倉庫に、通販事業者が扱う商品在庫をあらかじめストックしておく
。注文が入ればすぐに梱包して発送し、宅急便のネットワークに乗せて「当日お届け」する
。業界唯一のスタイルだ。

 滝澤氏が説明する。

「ネット通販業界では、20時〜26時(午前2時)をゴールデンタイムと呼びます。帰宅した
会社員などが、一息入れてPCを開き買い物を楽しむ時間帯です。TSSを使えば24時に注文
して翌日午前に届けられるエリアもある。例えば、詰め替え用化粧品など“すぐに欲しい”
という欲求に応じられるのです」

 自動倉庫はグループのヤマトロジスティクスが運営し24時間稼働。ストックされる商品は
売れ筋がメインだ。通販事業者は倉庫を持つ必要がなくなり、特に中小の事業者にはメリットが多い。

「小さなロットでも扱えて、スピードが速い。商品保管業務から解放され、マーケティング
やコンテンツ製作に集中できる。消費者と事業者、双方のニーズを追求したソリューション
です」と滝澤氏。TSSは現在、「エリアごとに展開しているが、将来は東京の事業者様の
商品を中部や関西へ当日配送できるサービスを始めたい」(武藤忠雄・法人営業部課長)という。

 アマゾンなど自前で倉庫を持つ大手に対しては、ヤマトの倉庫は使わず従来からの集荷
・配送ネットワークをより効率的に活用することでTSSを提供している。スピードを武器に
、大手ネット通販ではライバルの佐川急便からヤマトへのくら替えが起きているという。
通販の世界で「当日」「即日」といった謳い文句が増えた背景にはTSSの存在があるのだ。

取材・文/永井隆と本誌編集部

※SAPIO2013年5月

ソース
http://www.news-postseven.com/archives/20130427_182736.html

関連スレ
【運輸】ヤマト運輸、休止していた福島県一部エリアの集配を再開 [13/04/08]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1365802806/
3: 名刺は切らしておりまして:2013/04/28(日) 18:21:45.29 ID:

流通の人達は偉いなぁ、、素直に感心しますわ

送料無料だったりするし
続きを読む
posted by newsreport at 20:50 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

スマートフォン(スマホ)のLTEプランに隠された高額通話料のワナ

1: やるっきゃ騎士φ ★:2013/04/24(水) 12:10:38.87 ID:

iPhone5の登場などで、すっかりおなじみになった新通信規格「LTE」。
便利なのは間違いないが、各キャリアとも無料通話のつくプランを用意せず、
月々の支払いが以前よりも跳ね上がるケースが相次いでいる。

しかし、その原因は高速通信技術にはない。ITジャーナリストの三上洋氏が説明する。
「実はLTEプランは、高速通信技術とはまったく関係のない通話料が超割高なんです! 
通話料は3社(ドコモ・au・ソフトバンク)とも足並みそろえて30秒21円。
うっかり1時間話してしまうと、2520円にもなる。同じキャリア同士であれば
通話料無料になるオプションもありますが、同じキャリア以外の通話は詐欺同然とも
いえる高さなんですよ」

こうして、LTEが普及したこの1年ほどで、通話料が以前よりも高くなってしまった
という声が多く挙がる状態になっている。
「私はそこに、キャリア3社の姑息な狙いがあると思っています。
まず、ユーザーが最初に気にするのが月々の基本料金ですが、LTEプランの基本料金は
それほど割高感がないため契約してしまう。契約時に通話料金の説明はしているでしょう
が、わざわざ超割高であることを強調せず、さらっと伝えるケースが多いはず」
(三上氏)

しかし、いざ使い始めると、高額な通話料が大きな負担になるというワケだ。
「いつもより高額の請求金額が来たときに、総額だけを見て、便利なLTEプランは
高くつくんだとなんとなくあきらめてしまい、そのまま放置してしまっている人が
少なくないのでは」(三上氏)

LTEプランの“落とし穴”はまだある。
「しかも、LTE以前のプランには『無料通話×分』というのがついているのが一般的
でしたが、LTEプランではそのサービスが撤廃されているのも落とし穴。
また、固定電話への通話料も3社統一の30秒21円なので、携帯電話にかけるよりも
固定電話にかけたほうが安いと刷り込まれている人は、ここにも要注意ですね」
(三上氏)

ドコモのLTEサービス開始は約2年半前、ソフトバンクやauのLTEサービスも
開始から半年以上たっている。にもかかわらず、このような構造に気づいている人は
まだまだ少ないと三上氏は言う。
「この料金構造を知らないまま、LTEプランで通話しちゃってる人はかなり多いと
思います。基本料金をさほど上げないことを目くらましにして、その分、さりげなく
通話料を上げて収益を補塡しようといういやらしい方法ですからね」

最近、ケータイの使用料が高くなっていると感じている人は、一度自分の明細書を
詳しくチェックしてみるといいだろう。

ソースは
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/04/23/18661/
3: 名刺は切らしておりまして:2013/04/24(水) 12:13:58.30 ID:

もうガラケー+タブレットにしたから
単機能家庭内電化製品と同様、やっぱり電話もPC機能も専用機に近いほうがいいんだよ
続きを読む
posted by newsreport at 17:35 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

「ドラゴンボール」作者の鳥山明さん、農業の大切さ訴え作品提供

1: やるっきゃ騎士φ ★:2013/04/19(金) 11:00:09.12 ID:

世界30以上の国と地域で発行され、2億3千万部を記録した人気漫画
「ドラゴンボール」の作者、鳥山明さんが、愛知県安城市の小学生を対象とした
環境保護の学習会で配る読本に、農業の大切さを訴えるオリジナル漫画を無償提供した。

市によると、2月に読本が完成した途端、学習会を開きたいとの要望が急増。
全国から「どうすれば入手できるのか」との問い合わせも多いが、
「安城の子どもたちのためのもの」と遠慮してもらっている。

作品名は「おいしい島のウーさま」。
合成食物しか知らない主人公が自給自足の島に不時着し、ウーさまと呼ばれる神様の
導きで農作業の楽しさや農産物のおいしさを知る物語。独特のタッチで描かれる。

鳥山さんは、友人が立ち上げた農業や環境に関する教育活動に取り組むNPO法人
「田園社会プロジェクト」に賛同。翌年にはパンフレットにこの漫画を提供。
安城市が昨年6月に読本に転載することを打診すると、快諾した。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/130419/cpd1304190856008-n1.htm
「おいしい島のウーさま」の表紙
http://kininarunewslab.up.seesaa.net/54f91548.jpg
漫画家鳥山明さんの作品を使った環境教育読本を手にする、愛知県安城市環境首都推進課の津口嘉己課長補佐
http://kininarunewslab.up.seesaa.net/1b0f2099.jpg
■ 田園社会プロジェクト http://npo.2030.jp/
 2013年4月 「おいしい島のウーさま」のキャラクター、ウーチュの着ぐるみが完成
 http://npo.2030.jp/press/20130403-000080.html
  画像は
  <ahttp://npo.2030.jp/press/images/Uuchu01.jpg src="http://npo.2030.jp/press/images/Uuchu01.jpg">
6: 名刺は切らしておりまして:2013/04/19(金) 11:06:15.50 ID:

仙豆作って下さい百姓さん
続きを読む
posted by newsreport at 11:46 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。