【CHECK!】

2013年04月14日

世界のPC出荷、最大の減少率…スマートフォン(スマホ)人気で

1: やるっきゃ騎士φ ★:2013/04/12(金) 15:32:31.82 ID:

米調査会社IDCが10日発表した1〜3月の世界のパソコン出荷台数は、
前年同期比13・9%減の7629万台だった。
減少率は、1994年の調査開始以降で最大となった。

タブレット型多機能情報端末やスマートフォン(高機能携帯電話)の人気に
押され、小型ノートパソコンが落ち込んだためだ。
米マイクロソフトの新たな基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の不振も
響いているという。

メーカー別の出荷台数は、首位の米ヒューレット・パッカード(HP)が
23・7%減の1199万台、2位の中国レノボ・グループが横ばいの
1170万台だった。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/net/news1/atmoney/20130411-OYT1T01352.htm?from=ylist
■IDC http://www.idc.com/
 PC Shipments Post the Steepest Decline Ever in a Single Quarter, According to IDC
 http://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS24065413
関連スレは
【PC】2013年第1四半期の世界パソコン出荷台数、2桁減の恐れ=IDC[13/03/19]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1363658815/l50
3: 名刺は切らしておりまして:2013/04/12(金) 15:36:06.24 ID:

◎Windows8のクソのせい
○スマホ・タブレットのせい
続きを読む
posted by newsreport at 16:26 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

夏の必需品「エアコン」をさらに省エネ化する最新技術が登場

1: ( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)φ ★:2013/04/06(土) 20:10:06.84 ID:

2011年に起こった3.11以降、日本国内では省エネ化に向けた動きが年々活発になっている。
さらに今年は電力各社が値上げに踏み切るということもあり、企業や家庭における節電への
意識は一層高まりをみせている。そんな中、エネルギーの使用の合理化に関する法律(通称
省エネ法)の改定などもあり、省エネ性能を表す指標として、APF(通年エネルギー消費効率)が
注目されているようだ。

このAPFとは、最近、家電量販店などでよく、年間消費電力という形で表示されているもの。
今まで家電は最大消費電力などで表わされていたが、中には実際の使用時に常時最大消費電力が
かからない製品があるため、一定の条件下での計測を行うことで実際の使用条件に近い数字を
表わすこのAPFにより、実使用状態に近い省エネルギー性の評価が得られるという。これらの
家電の省エネ性能に大きく寄与するのが、パワー半導体と呼ばれるトランジスタであり、
より高効率な製品を登場させるため、半導体メーカー各社が競うように開発しているという。

これまで一般的に高効率性を求めるトランジスタならMOSFETと呼ばれる製品がよく使用されて
いたが、エアコンなどのように一時的に大きな電力を扱う必要がある場合は、IGBTと呼ばれる
少し効率は落ちるが耐圧性の高い製品が使用されてきた。実際エアコンの場合は、通常運転などの
低電力時であれば、MOSFETを使用したいところであるが、急速運転や室外機に大きな負荷
(たとえば台風)がかかった場合に大電力でモーターを回す必要があるため、念のためIGBTが
使用されるといった傾向にあったという。しかし、エアコンの年間消費電力を表す上で大きな
ウェートを占めるのは通常運転時であるため、高効率のMOSFETが使用できるのであれば、
使用したいという思惑がメーカーサイドにはあったようだ。

そのような中、ロームは、このMOSFETとIGBTの長所を結集した新構造トランジスタ「Hybrid MOS」を
開発している。定常運転時はMOSFETの高効率性能を利用し、突発時はIGBTで対応するため、
低電流領域から大電流領域までフルレンジでの省エネ化が可能になる。同社はこの製品を
2013年の夏頃にサンプル出荷する予定としており、このトランジスタを投入した新製品の早期市場
投入が期待されているという。

今年の夏も電力需要の逼迫が予想されるが、行き過ぎた節電は、経済活動を停滞させると同時に、
日々の生活や健康にまで支障を及ぼすリスクがある。電気製品に囲まれて生活や経済活動が営まれている
現在社会において、無理なく効率的に電力を抑えるためには、節電に対する「意識」だけでなく、
エネルギーを効率化する最新の「技術」が必要なのではないだろうか。猛暑を乗り切るためにも、
エアコンのように電力消費が激しい商品を効率的に省エネ化するこうした最新技術の実用化が
待ち遠しいところだ。 (編集担当:加藤隆文)

EconomicNews http://economic.jp/?p=15708
2: 名刺は切らしておりまして:2013/04/06(土) 20:14:08.71 ID:

エアコンを無くせば外気温が下がるんじゃね?
続きを読む
posted by newsreport at 16:42 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

グーグル(Google)、即日配達ネット販売サービスを試験提供 アマゾン(Amazon)に対抗[13/03/29]

1: やるっきゃ騎士φ ★:2013/03/29(金) 15:16:05.21 ID:

米グーグルは28日、玩具・衣服・食料品などを即日配達するオンライン販売サービスを、
米カリフォルニア州の一部地域で試験的に開始した。米インターネット小売大手
アマゾン・ドットコムの翌日配達サービスの対抗馬となり得る試みだ。

「グーグル・ショッピング・エクスプレス(Google Shopping Express)」と
名付けられた試験サービスを利用できるのは、サンフランシスコ市内と、
サンノゼ市からサンマテオ市にかけてのシリコンバレー一帯。
グーグルのトム・ファローズ氏によると徐々に対象地域を拡大していく予定という。

ファローズ氏は「グーグル・ショッピング・エクスプレス」について、
「インターネットのスピードを現実世界にもたらす」グーグルの試みの一環だと
説明している。

試験サービスに参加すると、ディスカウントストア大手ターゲットやアパレル大手
アメリカン・イーグル、玩具販売大手トイザらスなどを始めとする小売店の製品を、
1つのサイトから購入できるようになる。サービス提供価格は未定だが、試験期間中は
6か月間無料で何度でも即日配達を利用できる。

アマゾン・ドットコムの翌日配達サービス「プライム(Prime)」の米国での
提供価格は、映画やテレビ番組のストリーム配信サービス込みで年間79ドル
(約7400円)となっている。

ソースは
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2936275/10515037
2: 名刺は切らしておりまして:2013/03/29(金) 15:16:59.42 ID:

googleも無理して何でも手を出すと日本の家電メーカーの二の舞になるぞ。
続きを読む
posted by newsreport at 21:57 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。