【CHECK!】

2013年02月19日

「相場のカラクリ」あなたのお金も今、自然と価値が減ってきています

【今あなたのお金は日々減っています】

自然にお金が減っていく!!

信じられないことが今起こっています。

為替。気にしたこと、ありますか?

投資なんてしていないから関係ない。

と思っている方、

→知らないうちにお金が減っている!

なんてことにもなりかねませんのでご注意ください。

ほんの数か月前まで78円台だったドルは、現在90円台となっています。

投資をしなければ自分には、関係ないと思っていたら深刻です。

実は

円という通貨を持っている=円に投資している

ということになんです。日本にいたらそんな感覚はありませんけどね。

そして、さらに深刻なのは・・・

数か月前まで1ドルを78円で買えていたところがいまは90円出さな
いと1ドル買えないんです。

ガソリン、生活用品など輸入に頼っている日本にとって、円の価値が
下がることは深刻な問題なんです。

あなたのお金も今、自然と価値が減ってきているんですよ。

何もしないことは、リスクです。

他の人はもう初めています。お金を増やすスキル。

たった1か月でそのスキルを身に付けられるとしたら・・・
その方法を知りたい方は、こちらをクリックしてください。
↓↓↓
http://123direct.info/tracking/af/794445/17CgdTG8-uHjrIy5J/


posted by newsreport at 08:00 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

GSユアサのリチウムイオン電池事業、赤字拡大の公算

1: やるっきゃ騎士φ ★:2013/01/21(月) 12:24:35.94 ID:

1月21日(ブルームバーグ):ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ )にとって、
米ボーイングからのリチウムイオン電池受注は同電池事業の初の黒字転換のチャンスと思われたが、
今回の一連のトラブルでボーイング最新鋭旅客機「787」(ドリームライナー)の
運航停止命令が出されたため、同事業は赤字幅が拡大する公算が大きい。

GSユアサの年次報告書によると、2012年3月期のリチオムイオン電池事業の営業損益は
32億6000万円の赤字。前年は12億7000万円の赤字だった。
GSユアサのウェブサイトによると、昨年同社は設備投資額 全体の75%に相当する300億円を
同電池事業に充てた。

クレディスイスのアナリスト、山口潤氏(東京在勤)は、
「GSユアサは自動車メーカーへの販売不振をボーイングへの販売で穴埋めしたいと考えていた」が、
「航空機市場への売り込みができないとなると、同社のリチウムイオン電池事業の収益はさらに
悪化することになろう」と述べた。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MGYCKE6JIJUS01.html
GSユアサ http://www.gs-yuasa.com/jp/index.asp
株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6674
関連スレは
【電気機器】GSユアサ、ボーイング787型機問題を調査中 エンジニアを派遣=社長[13/01/11]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1357879935/l50
【株式】16日の東京市場でボーイング787銘柄軒並み下げ--バッテリー納入のGSユアサは前日比4.4%安 [01/16]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1358344661/l50
【航空/電機】国交省・米連邦航空局がGSユアサの立ち入り検査開始--787型機トラブル受けて [01/21]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1358737055/l50
7: 名刺は切らしておりまして:2013/01/21(月) 12:32:24.53 ID:

ただのとばっちりじゃん
風評被害ってこういうのだろ
続きを読む
posted by newsreport at 21:37 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

書籍、無料で当日配送 ヨドバシがネット通販 アマゾンに対抗

2: 名刺は切らしておりまして:2012/12/29(土) 11:18:33.90 ID:

家電量販大手のヨドバシカメラは2013年2月、書籍のインターネット通販に本格参入する。
家電製品の物流網を活用し、全国の主要都市圏で注文当日の無料配送を実現。
大型書店の品ぞろえに匹敵する70万タイトルを扱う。書籍を主力にネット通販最大手となった米アマゾン・ドット・コムに対し、
日本での対抗勢力となることを狙う。

 当日無料配送は首都圏のほか、札幌、仙台、新潟、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡などの主要都市と周辺で実施。
人口の50%超をカバーする。他の地域も受注後2〜3日以内に商品を届ける。コミックや雑誌を含む売れ筋の書籍は川崎、
神戸両市の自社物流センターに在庫を確保。随時、新刊を品ぞろえに加え、5年後に年間300億円の売り上げを見込む。

 中古を含む約600万タイトルの国内書籍を扱うアマゾンは当日無料配送を年会費を支払った会員に限定している。
ヨドバシは既存の物流網で対応できる当日無料配送が強みになると判断した。
書籍も他の商品と同様に販売価格の数%のポイントを顧客に付与。通販サイトの利用頻度の引き上げにつなげる。

 ヨドバシは13年3月期に410億円を見込むネット通販の売上高を16年3月期に1千億円規模に拡大する計画。物流機能の強化に向けて、
既存センターの増床や名古屋市内での新設も検討する。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGF2400N_Y2A221C1MM8000/?dg=1
3: 名刺は切らしておりまして:2012/12/29(土) 11:21:15.63 ID:

ポイント貯まるのならヨドバシで買うけど書籍は除外だっけ?
続きを読む
posted by newsreport at 18:16 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。